骨盤が正しくなる姿勢:椅子の座り方

骨盤が正しくなる姿勢:椅子の座り方

 

人の身体にとって自然な形の姿勢とは、重心線が『耳・首の真ん中・腰の真ん中・膝・くるぶし』を通る形です。これってつまり、どういう形?と思われた方は、背中を壁に当てて立ち、軽く顎をひきましょう。この時、少し腹筋を意識して伸ばし、胸は張らないこと。後頭部・肩甲骨・お尻・踵が壁についたその状態が、自然な姿勢の形です。腰の真ん中にある『骨盤』は、上半身の背骨と下半身の股関節を繋いで全身のバランスをとるという役割を担っています。

 

 

人の背骨はS字のカーブを描いていて、このS字カーブが軽いバネのような働きをすることで衝撃を和らげています。なので、このバネを潰さずに座ることが大切です。

 

背筋を伸ばし過ぎるのもよくない

良い姿勢、と聞いたら「背筋をピーンと伸ばす」が真っ先に浮かびます。これは一見良いイメージがありますが、胸を張っていて腰に力が入っておらず、骨盤が反れてしまっています。子供の頃から意識し続けていると、かえって腰痛の原因にもなります。上記の通り、S字カーブに負担をかけないようにしましょう。

 

 

正しい椅子の座り方

 正しい椅子の座り方は、深めに腰掛けて、背もたれには背中がつかない程度に座ります。この時のポイントは、腰を立てて、上半身の重みや頭を積み上げるように、腰とお尻周りで受け止める意識を持ちます。胸は張らないように注意しましょう。足を組むのもNGです。長時間デスクワークをしたり、筋肉に負担かけたり、荷物を片方で持ち続けたりバランスを崩すような生活も避けましょう。

 

骨盤が歪むと内臓の位置が変わる

そもそも、この骨盤が歪んでいるとどんな影響があるのでしょうか。体の中心にあるこの部分が歪んでいると、もちろん体にとってはマイナスです。内臓やお肉の位置が変わる、肩こり、腰痛、冷え性、浮腫み、上手く筋肉を使うことができなくなる、太りやすくなる、太って見える原因になる、下腹がぽっこりするなどの症状が表れます。

 

一方、骨盤が正しい位置にあれば、下腹ぽっこりの解消、体質の改善、ダイエット効果も期待できます。明日からさっそく実践してみましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加