水泳で痩せるってホント?初心者でもできるダイエット方法

水泳で痩せるってホント?初心者でもできるダイエット方法

水泳が痩せるのは知っていますか?いわゆる「水泳ダイエット」と呼ばれるもので、泳げない人でも水中を歩くだけでカロリーを消費し痩せると言われています。また水泳は体に負担がかかりにくいというメリットがあります。そのため、運動が苦手な人や女性、初心者でも無理なく始められるでしょう。ここでは、そんな水泳で痩せる方法をいくつか紹介します。

 

水泳で痩せると得られるメリット

水泳ダイエットの良いところは、なんといっても陸上運動よりカロリーを消費しやすい点です。短距離走やマラソンなど、しんどい思いをして運動をするくらいなら、水泳をしたほうがしっかりカロリー消費してくれるというわけです。また、水泳は本格的に泳がない以外体への負担がありません。水中を歩くだけでも痩せるので、女性や初心者でも始めやすいと言われているのでしょう。

 

他にも、

 

  • 血行促進
  • リラックスる効果
  • 続けやすい

 

などのメリットがあります。水の抵抗で全身を刺激するので凝りやむくみも解消できますし、バランス良く筋肉を使うので、全身痩せの効果も期待できるでしょう。

 

ダイエットに効果的にな頻度とは

短期間で痩せたいからと、無理に行うのは良くありません。あくまで「楽しく」「リラックス」して泳ぐことが大切なので、自分の体に合った頻度で行うようにしましょう。ベストな頻度は「週1~3回」。毎日続けるよりも、最低でも1日は間を空けることで疲労を残さずに済みます。意外にも水泳は疲れやすいですから、立て続けに行うと逆に体へ負担がかかってしまうでしょう。また1回の時間は、30分~1時間程度が目安になります。

 

短期間で痩せる水泳メニュー

ひと口に水泳で痩せる方法といってもやり方はさまざまです。水中を歩くだけでも痩せられますし、泳ぎが得意な方はがっつり泳いでも良いでしょう。ですから、慣れるまでは水中ウォーキングだけでも良いかもしれません。「もっとしっかり泳ぎたい」「短期間で痩せたい」という方は、次のメニューがおすすめです。

 

50メートル×4往復

泳ぎ方は何でもかまいません。好きな泳ぎ方で、50メートルを4往復します。1回往復するだけでも大変なので、4往復なら確実に効果を実感できます。しんどい方は、必ず休憩をはさんでください。

 

水中ウォーキングと合わせる

50メートルでも100メートルでも、泳ぎとウォーキングを併せるとより効果を実感できます。休憩中に泳ぐなど、インターバルを利用して行うと無理なく続けられます。

 

水泳で痩せない場合もある?

水泳をしているのに痩せない…そんなことは、あることが原因かもしれません。

 

  • ストレッチ不足
  • 体の冷え
  • 食事内容

 

3つに当てはまる場合は、どんなに泳いでも痩せるのは難しいでしょう。
全身をしっかりストレッチし、水温で冷える方はプールに入る時間を短くしてみてください。食事内容は、低糖質高タンパク質や炭水化物の制限、ゆっくり食べるなどが効果的です。

 

まとめ

水泳は、楽しく続けられるのでダイエットにとても最適です。また体への負担も少ないので、女性や初心者でも気軽に始めやすいでしょう。ただ水泳で痩せるためには「やり方」も重要になりますから、もし痩せないという方は、一度メニューを見直してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加