縄跳びでダイエット!その効果はランニング以上

縄跳びでダイエット!その効果はランニング以上

子供の頃縄跳びをやったことがありますよね?
当時は何事もなくできていましたが、実は大人になってやってみると非常にハードな運動だということが分かります。

 

『ダイエットはしたいけど、やったことない運動は覚えるのも面倒くさい…』

 

『走るのは嫌だ』

 

こんな方には縄跳びダイエットがオススメです。

 

子供の頃の遊びは、大人になってやってみると実はいいトレーニングだったということが結構あります。子供の時を思いだしながらダイエットなんかできたら楽しくていいですね!

 

<目次>

  1. 縄跳びってどんな運動になるの?
  2. 縄跳びで期待できるダイエット効果
  3. 縄跳びダイエットを効率的に行うポイント
  4. まとめ

 

ダイエットは意外と馴染みのある運動でもできるものです。他にも子供の頃にやっていた運動があれば試してみるのもいいですよ!

 

1.縄跳びってどんな運動になるの?

縄跳びには主に次の運動効果があります。

 

  • 大腿四頭筋(太もも)のトレーニング
  • ヒラメ筋(ふくらはぎ)のトレーニング
  • 体幹のトレーニング
  • 有酸素運動

 

これについて詳しくみてみましょう。

 

大腿四頭筋(太もも)のトレーニング

ジャンプ→着地の動きを繰り返すことで、太ももの表側の筋肉を鍛えることができます。
試しに1分間くらい跳び続けてみるといいでしょう。
かなり筋肉に負担がかかっているのを感じることができます。

 

ヒラメ筋(ふくらはぎ)のトレーニング

常に爪先立ちしているので、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。
しっかり準備運動しておかないと足が吊る原因にもなってしまうので注意しましょう。

 

体幹のトレーニング

その場でジャンプを続けるというだけで、実は体幹をかなり使っています。
特に疲れてくると前後左右にブレてしまいがちです。
その状態で真っ直ぐジャンプしようとすることで、知らずのうちに体幹を鍛えることができます。

 

有酸素運動

縄跳びは一定のリズムで継続する運動なので、有酸素運動になります。
難易度の高い跳び方をするのではなくある程度の時間継続して行うことで、有酸素運動の効果を高めることができます。

 

2.縄跳びで期待できるダイエット効果

実は縄跳びのダイエット効果はランニングよりも高いと言われています。
縄跳びの運動効果をもとに、ダイエットにおける効果を見てみましょう。

 

太ももの引き締め&基礎代謝アップ

筋肉がつくことで、太ももを引き締める効果が期待できます。
さらに太ももの筋肉である大腿四頭筋は全身の中でもトップクラスに大きい筋肉です。
ここを鍛えることで全身の筋肉量が大きく増加し、基礎代謝アップが狙えます。
『痩せやすい体』を目指すにはもってこいの運動です。

 

ふくらはぎの引き締め効果

太ももと同じくふくらはぎも引き締め効果が期待できます。
足が細くなるだけでなく、階段の上り下りなどでも疲労を感じにくくなります。
下半身を鍛えると日常生活の中でも役立つことが多いんです。

 

姿勢が良くなって痩せスタイルに

体幹が鍛えられるとスタイルが良くなって見えやすいです。
猫背だとお腹にお肉が溜まってしまいやすいですが、綺麗な姿勢でいることで変にお肉がついてしまうのを防ぐことができます。

 

脂肪燃焼効果が高い

しっかりと酸素を取り込みながら一定のリズムで運動することで、脂肪燃焼を促すことができます。
変に難易度の高い跳び方をすると、怪我のリスクや有酸素運動にならない可能性があるので注意しましょう。

 

3.縄跳びダイエットを効率的に行うポイント

縄跳びのダイエット効果を高めるためには次のことを意識しましょう。

 

  • 一定の呼吸リズムで一定時間行う
  • 初めに少しだけハードな跳び方をする

 

一定の呼吸リズムで一定時間行う

繰り返しになりますが、効率よく脂肪を燃焼させるためにはしっかりと酸素を取り込むことが重要です。そのためには呼吸のリズムを一定にする必要があるので、自分のリズムでできる跳び方を行うようにしましょう。無理して二重跳びなどをする必要はありません。

 

初めに少しだけハードな跳び方をする

実は有酸素運動を始めても、最初の20分ほどは有酸素運動になっていません。
これは、体内の脂肪がまだ燃焼できる状態になっていないからです。

 

この間に有酸素運動を続けてもいいですがダイエット効果は見込めないので、せっかくなら初めの20分に少しハードな運動をしてみましょう。
二重跳びや駆け足跳びなどできるもので構いません。

 

ハードな跳び方は足のトレーニングになりますので、足の引き締め&痩せやすい体づくりに役立ちますよ!

 

4.まとめ

今回は縄跳びダイエットについて紹介しました。何度も言いますが大人がやってみると意外ときついので、取り組む場合にはしっかりと準備運動をするようにしましょう。また縄跳びは筋力もありますが、自分の体重が大きく関係してくる運動です。続けているうちに楽になってきたら、それはあなたのダイエットが成功している証かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加