お腹周りのダイエット方法:ヨガ編

お腹周りのダイエット方法:ヨガ編

 

呼吸を整えて、安定したポーズをとり心身をリラックスさせる『ヨガ』。いろんな先生の講座や教室が開かれているほどですから、もちろん効果は期待できそうです。しかし、ヨガって難しそう、初心者の自分ひとりではできなさそうといったイメージもありますよね。でも実際はそんなに堅苦しいものではないのです!

 

始めるにあたって、ヨガマットが必要となります。参考までに厚さ8mmほどのマットは、メーカーにもよりますが、ざっと2000円ほどで購入できます。早速、紹介していきましょう。

 

 

ヨガ、アーチのポーズ(ブリッジ)

 まず、一つ目は『ヨガブリッジ』。おそらく学生時代に一回はしたことがあると思われますが、あのブリッジのことです。床にリラックスした状態で横になった後、両膝を床につけます。次に両肘をつけて自分の腰を支え、ゆっくりと自分の体をアーチのポーズ(ブリッジ)にしてゆき、無理のない時間そのままキープしてください。その後、息を吐きながら下におろしましょう。

 

さて、このブリッジのポーズ、新陳代謝の改善効果、生理痛の緩和、猫背の矯正などに効果が期待できるそうです。猫背だと姿勢が前かがみになり、内臓が圧迫され、ぽっこりの原因となります。その解消になるわけですから、レッツブリッジ!

 

ねじりのポーズ

 次にウエストに効く『ねじり』。左足を大きく前に出し、上半身を斜め前に倒します。次に胸の前で合掌をし、ウエストから左方向に体をねじります。その状態をキープし、5回ほど深呼吸(この時目線は斜め上)します。右側も同様に、右足を前に出し、右方向にねじり、同じ動作をしてください。

 

 

椅子のポーズ

 そして最後に、椅子のポーズ(下腹部に効く)『ストレス解消&脂肪燃焼』をご紹介します。つま先をそろえて背筋を伸ばして立つ。息を吐きながらゆっくりと膝を曲げて腰を落とします(空気椅子に座るイメージ)。息を吸いながら両手を頭の上に伸ばし、指先をぴったりくっつけ、この状態をキープし、3~5回深呼吸してください。そして息を吸いながら膝を伸ばし、手を下して最初の姿勢に戻り、これを繰り返します。

 

 この他にも、ヨガには不妊症を改善したり、腰痛に効いたり、マタニティー向けのポーズがあったりと多種多様にあります。しっかり行えば、充分な効果が得られると評判です!


このエントリーをはてなブックマークに追加