お風呂で風呂トレ!下腹ぽっこりに有効なお風呂活用法とは?

お風呂で風呂トレ!下腹ぽっこりに有効なお風呂活用法とは?

お風呂で下腹ぽっこりを改善、まさかと思うかも知れませんが、実はかなり効果的で、体温をゆっくり上げながら代謝を良くすることは非常にダイエットに繋がります。比較的短い時間のストレッチ効果もあるので、今回は『風呂トレ』について詳しく解説します。

 

お風呂で具体的に痩せられますか?

筋肉を鍛える場合は、強い負荷を与えながらゆっくり息を吸う形での、有酸素運動こそが、身体をピシッと引き締める効果は高いんです。あまり激しい運動だと、今度は筋肉に力を入れるために瞬発力が必要になります。この瞬発力には、酸素は細胞内にある範囲で力を発揮しますから、筋肉を普段から鍛えてない人ほど、筋トレ効果より疲労の方が先にきてしまうのです。

 

そこで、この有酸素運動、実は身近なところではリラックス中、実は睡眠時も腹式呼吸で、筋肉自体はあまり動かしていませんが、この状態で筋肉を動かすと、そのまま有酸素運動になります。ということは、”温かくて気持ちが良い”ってことは、お風呂は誰でもリラックス気分を味わえる手軽なものですよね?人によっては、ほぼ毎日お風呂は入るので、その中でこの有酸素運動の一つ『風呂トレ』をすれば、効率良く下腹ぽっこりに効果的、垂れ下がっている内臓、お腹を引き締めることにはなります。

 

またお風呂はリラックスしながら落ち着いて楽しむことで、呼吸が落ち着き、なおかつ汗もかくので、基礎代謝が上がって血行が良くなります。こうした事が全体的に、痩せていない、ぽっちゃり型の通常の肥満にも、様々な下腹ぽっこりに効果的です。便秘とか、消化不良、睡眠にも、身体を温めることは、効果があるものです。

 

お風呂上がりがとても重要

お風呂で、下腹ぽっこりの『風呂トレ』を実践するなら、おおむね5分以上は湯船に浸かることになります。言い忘れましたが、解説した『風呂トレ』はお腹を膨らませたり、引っ込ませるのを1回として、約5セット行ってくださいね。

 

これだけやって、『風呂トレ』が終わってから身体を洗って、髪を洗ったりして、スキンケア、ヘアケアとなるわけですが、お風呂上がりは、かなりの汗をかいている場合があります。あまり汗をかかない人でも、お風呂上がりから5分以上経過すれば、ひたいに汗がじんわり出てくるものです。

 

お風呂上がりで『風呂トレ効果はあったかな?』と下腹ぽっこりをさすっても、実はあんまり変化は感じられないかもしれません。しかしここで、いつまでも裸に近い薄着のまま部屋で過ごしては、下腹ぽっこり効果は半減します。ですから、キチンとお風呂上がりも、”体温が急激に下がらない”事を念頭に、ちゃんと部屋着に着替えて、室温はある程度、外気よりも高い温度の部屋で過ごすべきです。汗が引くのを待った方が、美容にも、下腹ぽっこりにも効果が高いのがその理由です。

 

 

お風呂で具体的に痩せられますか?

筋肉を鍛える場合は、強い負荷を与えながらゆっくり息を吸う形での、有酸素運動こそが、身体をピシッと引き締める効果は高いんです。あまり激しい運動だと、今度は筋肉に力を入れるために瞬発力が必要になります。この瞬発力には、酸素は細胞内にある範囲で力を発揮しますから、筋肉を普段から鍛えてない人ほど、筋トレ効果より疲労の方が先にきてしまうのです。

 

そこで、この有酸素運動、実は身近なところではリラックス中、実は睡眠時も腹式呼吸で、筋肉自体はあまり動かしていませんが、この状態で筋肉を動かすと、そのまま有酸素運動になります。ということは、”温かくて気持ちが良い”ってことは、お風呂は誰でもリラックス気分を味わえる手軽なものですよね?人によっては、ほぼ毎日お風呂は入るので、その中でこの有酸素運動の一つ『風呂トレ』をすれば、効率良く下腹ぽっこりに効果的、垂れ下がっている内臓、お腹を引き締めることにはなります。

 

またお風呂はリラックスしながら落ち着いて楽しむことで、呼吸が落ち着き、なおかつ汗もかくので、基礎代謝が上がって血行が良くなります。こうした事が全体的に、痩せていない、ぽっちゃり型の通常の肥満にも、様々な下腹ぽっこりに効果的です。便秘とか、消化不良、睡眠にも、身体を温めることは、効果があるものです。

 

 

お風呂上がりがとても重要

お風呂で、下腹ぽっこりの『風呂トレ』を実践するなら、おおむね5分以上は湯船に浸かることになります。言い忘れましたが、解説した『風呂トレ』はお腹を膨らませたり、引っ込ませるのを1回として、約5セット行ってくださいね。

 

これだけやって、『風呂トレ』が終わってから身体を洗って、髪を洗ったりして、スキンケア、ヘアケアとなるわけですが、お風呂上がりは、かなりの汗をかいている場合があります。あまり汗をかかない人でも、お風呂上がりから5分以上経過すれば、ひたいに汗がじんわり出てくるものです。

 

お風呂上がりで『風呂トレ効果はあったかな?』と下腹ぽっこりをさすっても、実はあんまり変化は感じられないかもしれません。しかしここで、いつまでも裸に近い薄着のまま部屋で過ごしては、下腹ぽっこり効果は半減します。ですから、キチンとお風呂上がりも、”体温が急激に下がらない”事を念頭に、ちゃんと部屋着に着替えて、室温はある程度、外気よりも高い温度の部屋で過ごすべきです。汗が引くのを待った方が、美容にも、下腹ぽっこりにも効果が高いのがその理由です。

 

汗を流すお風呂の入り方

ところで、お風呂で下腹ぽっこりを減少するコツを学んだところで、お風呂の正しい入り方については、皆さんご存知でしょうか?比較的、適当に自己流で入って問題ありませんが、下腹ぽっこりはどうしても基礎代謝が低い人に多く見られる傾向が強いので、ここでコツを伝授しましょう。

 

まずお風呂を新しく沸かす場合も含めて、湯船のフタは必ず沸かす前に外します。これは必ずやるべきで、こうすることでお風呂が沸く時間が多少伸びても、その分、バスルームの室温が上がるからです。湯船に入る前にバスルームの室温が低いというのは、汗をかきにくい状態にしてしまいます。

 

また裸になってバスルームに入ったら、こんどはシャワーを大量に出してお湯をバスルームの床にかけます。床が終わったら壁全体といったように、冷気を一気に温度をあげるわけです。これでバスルームは湯気いっぱいになります。

 

更に、湯船のお湯を床に流して室温を上げながら、足先、太ももなどの下半身からお湯を浴びてから湯船に浸かることになります。従って、湯船の温度がいきなり高い場合はあまり良くありません。人によって『それが気持ちいい』と思っても、下腹ぽっこりは基礎代謝を上げて痩せやすくなるのが今回のテーマなので、下腹ぽっこりのお風呂の入り方には”作法”がああるんですね。

 

こんな入浴はNG?

『湯船の温度が高すぎること』は、まずNGです。40度以上の高い温度は、慣れてしまうと気持ち良く感じますが、ほぼ、皮膚は軽いやけどを起こしています。腫れないだけで、真っ赤に炎症しているのがその証拠です。これが下腹ぽっこりの人には、後々、皮膚の劣化とシワやシミの要因になります。また一気に外皮から体温を上げても、内臓などの身体の内部はそれほど外気の影響を受けないように出来ているので、実は冷めやすい状態でお風呂から上がることになります。高い温度のお湯では長く湯船に使っていられないからですね。また汗もかきそうですが、意外にかいているわりには、急激にやけどした皮膚をなんとか冷やそうと汗をだしているだけなので、人によってはむしろ汗が出ない場合もあります、いずれにせよ身体には良くありません。

 

それと、お風呂の時間がいわゆる”カラスの行水”のように極端に短時間、湯船に3分も浸かってないような入り方もNGです。湯船に身体をつけると、下腹ぽっこりの方でも、浮力で水に身体が浮いています。半身浴でも、水の中では重力の影響が弱まるので、前記した『風呂トレ』も、そうした浮力のある中で、水圧を利用して下腹ぽっこりを鍛えていることになります。そもそも慌てて忙しくお風呂に入ったところで、心身ともにリラックス効果は薄いので、そもそも論という感じですね。

 

またもちろん低い温度過ぎるお風呂も同様、湯冷めしやすいので、これは注意するまでもないでしょう。

 

こんな”痩せ活”もあります。

この場合の”痩せ活”とは、自宅以外のお風呂の痩せ活です。最近ではボーリング技術の向上で、市街地でも温泉が掘れる時代で、あちこちにスーパー銭湯が増えました。こうした大浴場は週末を中心に人気があり、リクリエーション、娯楽の一つとして定着していますよね。私もよく利用しています。

 

こうした大浴場は、野外の露天風呂やサウナ、バブルバスなど様々自宅にはない施設が充実しており、比較的リーズナブルな価格で楽しめるのが魅力ですよね。今回はこれを『お散歩ついでに痩せ活』ということを提案したいと思うわけです。

 

 

お散歩自体も、有酸素運動の一つで、姿勢を正して下腹に力を入れながら、意識的に下腹ぽっこりを矯正出来るのと、そのお散歩途中で様々な施設が充実したスーパー銭湯に立ち寄って、前述した『風呂トレ』をすれば、効果もかなり劇的だと言えますよね?私は、昔これが趣味でしたので、24時間営業のところも多いスーパー銭湯巡りは、実に楽しかった思い出があります。

 

なかなかオススメできる”痩せ活”なので、検討してみてはいかがでしょう?

 

お風呂は朝と夜のどちらが良いの?

よく言われることで、『朝風呂と夜風呂のどちらが健康に良いか?』ですが、医学的には起きてすぐにお風呂に入ると、急激に血圧が上昇したり、血管が急激に広がってしまうため、かなり危険な行為とされています。ある程度、身体が目覚めて心臓から血液が流れ、自然と血圧が上昇してから入るのが正しいお風呂と言われています。従って、お風呂は夜はいる、下腹ぽっこり解消の『風呂トレ』も夜間の寝る前の方が、お風呂上がり後に休息となるので都合がいいですね。

 

一方、朝にお風呂なら、ややぬるめのシャワー程度をしかり浴びてから、低い温度から徐々に湯船の温度を上げていき、非常にゆっくり入るなら、それほど健康に悪影響もありません。夜は疲れてお風呂に入る気がしないのなら、しっかり寝て、充分睡眠をとった上で、早起きしてゆっくり朝風呂、そこで『風呂トレ』で下腹ぽっこりを鍛えるのも良いかもしれません。

 

まとめ

今回は、お風呂で下腹ぽっこりを改善出来る『風呂トレ』と、ダイエットに効果的なお風呂の活用について詳しく解説しました。忙しい日々でも、お風呂はリラックスタイムの時間、やっぱり楽しみの中でも、下腹ぽっこりをどうにかして引っ込ませたいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加