塩を塗るとお腹が引き締まるって本当?

塩を塗るとお腹が引き締まるって本当?

 

温泉地や、お風呂屋さんのサウナに『塩』が置いてあるのを見かけることがあります。私は温泉が好きでサウナにもよく入るのですが、入る前に塩を塗りたくって入っていく方がいらしたので真似をしてみたところ体のほてりが増した気がしました。常時設置してあるからにはやはり『身体に良い』からなのでしょう。

 

 

 人は皮膚の内側に塩水を蓄えています。生まれるときは、お母さんのお腹の中で海水を三倍に薄めた羊水につかっていて、人が流す汗、涙、尿にも塩は含まれています。こういったことから塩に拒絶反応は起こしませんし、体質も問わず病気にも良く、おまけに日常の汚れは塩洗いだけで十分落ちるとされています。しかし、塩自体に栄養成分があるわけではありません。

 

塩は皮脂の分泌や呼吸を補助する働きがある

それではなぜ、人間の体に良いのかといいますと、塩を体に塗ると体内に必要な皮脂の分泌を促し、正常な皮膚の呼吸機能を助ける補助のような役割を果たしてくれるからなのです。また塩は皮膚から出すべき不必要な老廃タンパク質や余分な皮下脂肪を溶かし流す、でも有効な新しい皮脂は溶かさないできちんと残してくれるという有能な働きをしてくれます。

 

塩の効果は養毛剤にも使える

 

 

具体的には発汗効果の促進、垢・毛穴の汚れを落とす、垢の出来が極端に少なくなる、体の外と内側から毒を出すなどですね。髪の毛にも効果があるようで、フケ、抜け毛、枝毛、白髪を防ぐ養毛剤などにもなるなんて話があります。もちろん効果は個人差があるでしょうが、利はあっても損はなさそうです。

 

効果的な塩マッサージ法

 塩関連のマッサージとして、興味深い話を聞きました。ホホバ、スウィートアーモンド、オリーブオイルといったものに死海の塩や挽いたコーヒー豆と砂糖を混ぜます。砂糖は皮膚の水分バランスをちょうどよく整える役割があります。この液体を塗って全身をマッサージした後、しっかりと洗い流してください。

 

引き締めと保湿、肩こりや冷えにも効果があり、血行までよくなるのだとか。私もエステに通っていたころ、死海の塩入りオイルでマッサージをしましたが、傷の治りも早かった気がします。興味のある方は、是非一度試してみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加