ぽっこり下腹部を引き締める呼吸法

ぽっこり下腹部を引き締める呼吸法

下腹部がぽっこり出てしまっているのが悩みという人も少なくないと思います。女性らしく引き締まったボディのままでいたいですよね。しかし、「運動は嫌い・・・」とか、「短時間で簡単なトレーニングにしたい・・・」といった人も少なくないのではないでしょうか。そんな、ぽっこり出てしまった下腹部を引き締める呼吸法についてご紹介します。

 

ぽっこり下腹部の解消法に呼吸が効果ある!?

ぽっこり出てしまった下腹部のダイエットには、呼吸法を取り入れるのがおすすめです。腹圧というお腹の中の圧力を使用することで、引き締めることが可能になります。腹圧とはお腹の中の圧力のことで、呼吸によって腹圧をあげるとお腹に集中的に刺激を与えることが可能になります。それにより、ボディを引き締めることが可能になります。

 

ドローインと言われる呼吸法は、ヨガなどで行なう呼吸法でもあります。この呼吸法でエクササイズするだけで、下腹部周りをスッキリと細く引き締めることが可能です。ぽっこり下腹部の解消法に呼吸は効果があるので、おすすめとなります。

 

ぽっこり下腹部を引き締める呼吸方法

ぽっこり出てしまった下腹部を引き締める呼吸方法をご紹介します。

 

  1. 床に座り、背すじを伸ばして下さい。
  2. 目を軽く閉じて全身の力を抜きましょう。
  3. 姿勢は、背すじを床からまっすぐ伸ばして垂直に保って下さい。
  4. 下腹を引き締めるための腹圧を高める呼吸では、最初に息を吐いてお腹をへこませます。(通常の腹式呼吸では息を吸った時にお腹を膨らませ、息を吐く時にへこませます。)
  5. そのまま、お腹をへこませたまま息を吸います。
  6. 次に、息を吐きながら、さらに強くお腹をへこませて下さい。

 

動作はゆっくりで良いので、呼吸を使いながら腹圧をあげるようにしましょう。

 

このエクササイズをくり返すだけで、お腹を引き締めることができます。普通の呼吸とは逆になるので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば簡単です。運動が苦手な人や筋トレが嫌いな人でも誰でも短時間で行なえてしまいます。下腹部を引き締めたい人は、是非、呼吸法を取り入れてみて下さい。

 

まとめ

ぽっこり下腹部を引き締める呼吸法をご紹介しました。下腹部が出てしまう原因には様々ありますが、産後にお腹が気になるという人も少なくありません。そういった人にも、呼吸法では激しい運動をする必要がありません。負荷をかけずに下腹部を引き締めることができるので、是非、呼吸法を試してみて下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加