お腹周りにあるツボをご紹介

お腹周りにあるツボをご紹介

 

 「ツボを押すと身体に良い」というのは一般的に広まっています。「足ツボ」なんかはマッサージ店では全身とセットで組まれていたりもします。ツボとは、血管、リンパ管、神経など体液の道筋のことを指し、この体液の流れが滞ると体に変調が現れるのです。

 

東洋医学の考え方では、ツボは『血の通り道である経路(けいらく:体の奥から皮膚の浅いところまで通っている)上にある反応点で、皮膚の浅いところにあるもの』だとしています。ツボは刺激すると血や気(き:生命活動のエネルギー)の巡りが良くなり、それによって臓腑の機能が活性化、よって身体の調子が整えられます。

 

 

 ツボの押し方は、親指の腹の部分を垂直に、いた気持ち良いと感じる程度に押し当てます。3秒から5秒かけてゆっくり押し、そしてゆっくり離す、これを数分間行ってください。

 

それではダイエットに効果があるお腹周りのツボと効果をご紹介します。

  • 天枢(てんすう)場所:ヘソから指1本分、左右外側,効果:便秘や便秘に伴う腹部の張満などの緩和。
  • 関元(かいげん)場所:ヘソから指4本分下にあり,効果:温めながら押すと生理痛に効く。
  • 水分(すいぶん)場所:ヘソから指2本分下,効果:排泄作用、水分代謝促進。
  • 大巨(だいこ)場所:天枢の指3本分下,効果:天枢と同様の効果。
  • 大横(だいおう)場所:乳首の真下あたりで天枢の指3本分外側,効果:大腸の働きを整える。
  • 中浣(ちゅうかん)場所:ヘソの指4本分上、ヘソとみぞおちの中間にある,効果:消化機能を整え、便通をよくする。
  • 気海(きかい)場所:ヘソから指2本分下,効果:身体を温める。

 

 ここまで7つのツボを紹介しましたが、お腹周りのツボを刺激すると新陳代謝や水分代謝を促進して身体の調子を整える(デトックス効果)ことができるということがわかりました。

 

 

これらのツボを刺激すると、脂肪燃焼の促進や基礎代謝の向上も期待でき、カロリーが消費されやすくなり、ダイエット効果はもちろん痩せ体質にもなると紹介しているところもあります。健康体になる第一歩として、お腹のツボ押しを始めることをお勧めします!


このエントリーをはてなブックマークに追加