短時間で簡単!下腹ぽっこり解消の体操

短時間で簡単!下腹ぽっこり解消の体操

「ダイエットはしたいけど筋トレは嫌・・・」とか、「短い時間で何とかしたい・・・」と思われている人も少なくないのではないでしょうか。そんな人には、簡単な体操で下腹を引き締める方法がおすすめです。短い時間で簡単にぽっこり下腹を解消するための体操をご紹介致します。

 

ぽっこり下腹を解消する体操

ぽっこり出てしまっている下腹部の引き締めに効果のある体操をご紹介します。まず、両手を頭の後ろで組み、スクワットの時のような空気椅子の姿勢をとって下さい。単に立ったままでもできますが、より下腹部への意識がいくようになります。

 

お腹を引きつけるイメージで腹筋に力を入れ、数秒へこませて下さい。次に、へこませたお腹をゆっくりと出す動作をします。腹筋に力を入れて出すようにしましょう。ぽっこりと出るまで押し出すイメージで行なって下さい。全身の力を抜き、リラックスした状態で行なって下さい。足上げ腹筋なども効果的です。

 

  1. まず、足を揃えて伸ばしたまま、仰向けに寝て下さい。
  2. 両足を床から数センチメートル浮かせて、数秒間止めるようにして下さい。
  3. そのまま、足を45度位まで上げましょう。
  4. 下腹部に刺激を与えながら、ゆっくりと足を下ろします。

 

下腹部に集中的に負荷をかけられる体操となります。この動作を毎日10回程度は行なうようにしましょう。ぽっこり下腹を解消する体操では、難しいトレーニングをする必要はありません。たったこれだけの体操でも、毎日の生活の中で定期的に行なうことで下腹ダイエットに効果があります。ぽっこり下腹に悩まれている方は、是非、試してみて下さい。

 

ぽっこり下腹の体操で意識すること

ぽっこり下腹を引っ込めるには体操が効果的ですが、何も考えずに闇雲に行なうのではなく、幾つかの要素を意識して行なうことが大切です。下腹部への刺激があるか意識して確認しながら集中的に行ないましょう。お腹の下の部分を集中的に鍛えることで、無駄な筋トレをしなくて済みます。

 

体全体に余計な負荷をかけず、重点的にトレーニングする体操を心がけましょう。体の余計な箇所に負荷をかけずリラックスして下腹の筋肉を使用することが大切です。体操をしながら呼吸を意識して行なうようにしましょう。呼吸法を体操と併せて行なうことで、より効果が出やすくなります。

 

単に、体操をするだけでなく、呼吸を意識して集中的に行なうことで効果が出やすくなります。短時間で出来る体操は激しいトレーニングをする必要はありません。効率的に体操するようにしてみて下さい。

 

まとめ

ぽっこり下腹を引き締める体操についてまとめてみました。下腹が出てしまって悩まれている人に参考にして頂けたらと思います。下腹がぽっこり出てしまっていても、定期的に体操をすることで引き締めることができます。より効果的に結果を出すためにも、工夫しながら体操するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加