美ボディの命!ウエストのくびれの作りかた

美ボディの命!ウエストのくびれの作りかた

美ボディの定義は人それぞれ…私なりの定義はウエストのくびれだというふうに考えています。その理由は、脚の長さや身長の高低差は生まれながらに持っている身体的特徴です。でもウエストはホルモンや日々の鍛錬によって鍛えられるから。ウエストの引き締めには、低コストで習慣的に取り組むことができるものがおすすめです。

 

ウエストのくびれを作る努力 

椅子に座る時間には、ウエストを意識しながら身体の上半身の正面を右、左と動かしてゆきます。この時、下半身においてはしっかりと床に足をつけて固定するイメージです。ウエストの左右をキュと絞るようにしながら、上半身を動かしてゆきましょう。

 

運動は継続的、習慣的に行う

ウエストのくびれを作る運動は、椅子に着席したままの状態で上半身のみを左右に動かしてゆきます。継続的に運動するということが大事になってきます。日々椅子に座ってら、休憩時間には左右の上半身を動かしてゆきます。キュ、キュと。習慣化させながら継続的に行うということが結果を出すには大事です。ウエストサイズを計測して、マイナス何cmと結果が現れたのであれば、成功です。

 

運動プラス食生活も基本

運動だけではウエストのサイズは減りにくくなります。運動に加えて、食事制限も必要です。摂取カロリーを制限するか、食べる量を減らす、小分けにして食べる、など個々人の体質と生活習慣に応じた食べ方を心がけてゆきます。すると、習慣化すればウエストマイナス何cmも実現できるのです。

 

美ボディの定義は胸が綺麗、爆乳、肌の美しさなど多岐にわたります。ウエストは絶対的に必要な美であり、くびれが女性の体の美しさを象徴していきます。ウエストのシェイプアップ方法には継続的な運動と食事制限があるということを心がけていきます。

 

全身が痩せていくとウエストの幅が細くなります。ですが胸も一緒に痩せてしまうこともあるので、痩せすぎには要注意したいところです。適度に筋肉と脂肪がついており、ウエストのくびれがあるボディを目指すので有れば、トレーナーの力を借りたりエステサロンを探したり、と専門家のアドバイスも参考にしたいものです。

 

まとめ

過食、飽食の時代で肥満傾向にある日本人。それでも日本人の食事量は一食分をみると本当に少食だとも言われています。日本人の胃の大きさや、体質に見合う野菜中心の食事を習慣化させていくと、自然にその人なりの一番スリムなボディになります。そして日本人女性はウエストも細く美しいのですから、食事と運動だけで充分綺麗になるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加