美ボディを作るコツをご紹介!

美ボディを作るコツをご紹介!

テレビや雑誌で筋肉ムキムキでくびれたお腹まわり、割れた腹筋をしたモデルの写真を見ると誰でも憧れを抱いてしまうものです。私もその一人です。

 

憧れると自宅周りを走ったり、腕立てや腹筋をして憧れのボディを目指しますが、三日坊主で終わってしまうことがよくあります。私も何回同じことを繰り返したか分からないくらいです。そんな私がこの1年で体重10kg減、筋肉ムキムキになったポイントを紹介したいと思います。

 

会員制のジムに通うこと

月額料金を払ってしまうので「行かないともったいない」とか「もとをとるには何回行けばいい?」という意識が芽生えます。また、単発で通うより金額が安いのでお財布事情を気にしないで超気軽に通うことができます。

 

ジムの立地も重要です。自宅に戻ってきてから着替えて、車に乗って移動するのでは「面倒だな」という気持ちになると思ってので、ジムは会社から徒歩数分のところにあるところを選んでいます。仕事前や仕事帰り、ちょっとした空き時間で気軽に利用できるので、「トレーニングのためにわざわざジムへ向かう」感覚にならないので楽です。

 

トレーニングは毎日やらないこと

開始直後は、早く結果を求め過度なトレーニングを毎日やりがちですが、長くやり続けるためには「いいスタート」とは言えないです。まず、筋肉の特徴ですが筋トレをすると筋肉は傷つきます。トレーニング後の24時間~72時間は筋肉が超回復するゴールデンタイムと言われています。この時間帯に筋肉は大きく成長していきます。

 

なので私はこの理論に基づいて、一日おきにトレーニングを行っています。どうしても連続で行いたい衝動にかられた時は、トレーニングする種類を変えて筋肉の超回復を妨げないよう工夫しています。

 

プロテイン摂取のタイミング

筋トレしながらプロテイン飲料を片手に行っている人が大勢いますが、私は筋トレ中にプロテイン(たんぱく質)は摂取していないです。なぜなら、プロテイン(たんぱく質)をより効果的に体内へ取り組むゴールデンタイムが存在するからです。その時間は、筋トレ終了後30分です。

 

私はこの時間帯に、ザバスやプロテインバーでたんぱく質を補給しています。普段の食事でもたんぱく質は取れているので、取り過ぎ注意です。

 

トレーニングする順番

より高い効果を得るには、無酸素運動(筋トレ)を行ってから有酸素運動(歩く・走る)行うことです。なぜ、この順番かというと無酸素運動をすると成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは、脂肪細胞を分解する作用があります。分泌された状態で有酸素運動を行うことで脂肪燃焼効果が高まるという訳です。私は頑なにこの順番を守っています。

 

私が行っているトレーニング紹介

まず無酸素運動です。お腹周りが気になっていたので、「アブドナミルクランチ」というマシンを使っています。1回あたり10~15回できる重量にして3セット行っています。脇腹の筋力もアップさせたいので左右にひねりながら腹筋をしています。必要に応じで重りを持って行い、回数はマシンを使う時と同じようにしています。

 

肩や腕・胸部を鍛えるのは鉄アレイを使っています。次に有酸素運動です。こちらはランニングマシンを使っています。山登りをイメージして勾配15%・速度5km・hにして3km歩いています。勾配を急にしているので運動強度は高くかなりいいトレーニングになります。

 

まとめ

理想のボディを手に入れるのは簡単ではないです。でも、自分の生活スタイルにあった環境に近づけることや日常生活の負担にならないように計画することが大切です。筋肉はあなたの努力を裏切ることはないので大丈夫です。結果が出始めると維持したくなり、トレーニングする時間を確保するための工夫をするようになるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加