ジムトレーニング!継続は力なり

ジムトレーニング!継続は力なり

「引き締まった誰から見ても魅力的なボディを手に入れたい」と誰でも一度は考えたことがあると思います。私もテレビや雑誌を見るたびに憧れ、挑戦してきましたが長続きせず、挫折の繰り返しだった過去を思い出します。そんな私も今では体重-10㎏となり、筋肉質の体を手に入れています。私が今の体を手に入れるまでの取り組みを紹介します。

 

会員制のスポーツジムへの入会

続けるために最初に行ったことは、会員制のスポーツジムへの入会です。場所はトレーニングのためにわざわざ車で行ったりするとなると続かなそうな気がしたので、職場から徒歩数分の立地にあるジムに通っています。頭をすっきりした状態で仕事に取り組みたいときは、少し早起きして仕事前に体を動かしています。デスクワーク中心の仕事なので、運動不足解消のため仕事後に利用することが多いです。

 

トレーニングの行う回数ですが、週4回程度行っています。毎日行うことがより早く効果が出ると思いがちですが、筋肉は使った後48時間から72時間休めることで成長すると言われています。この理論に基づいて、一日おきにジムへ通っています。連続で行く日の時々ありますが、そうのような時は、鍛える場所が前日と被らないように工夫しています。では、どのようなトレーニングをしているか説明します。

 

基本的にはマシントレーニングを活用

いろいろはやり方があると思いますが、基本的にはジムにあるマシンを使っています。お腹周りが気になっていりので、「アブドミナルクランチ」というマシンを使い1セットあたり10回から15回できる重さで行っています。軽い重量で何回も行うより効果的だと考えられているからです。これを3セット行います。疲れますがそれぞれの間隔は2分程度とし、休みすぎなようにしています。脇腹を鍛えるマシンも同じように行っています。基本この2種類はセットとして必ず同じ日に行っています。

 

ダンベルの使い方

次にダンベルを使って上腕二頭筋や胸部を鍛えています。肘から下を上下に動かしたり、肩から頭の上までを上下させたり、腰の位置から肩の高さまで上下させたりしています。いずれも10回~15回できる重量で3セット行っています。

 

ウォーキングマシンの使い方

筋トレ系のメニューはこの程度で、ウォーキングマシンを使った有酸素運動を行っています。筋トレは無酸素運動と呼ばれ、より高い効果を得るには無酸素運動してから有酸素運動を行うと言いそうです。ウォーキングマシンは、山登りをしているように勾配を急にしてゆっくり歩くように設定しています。私は勾配15%・速度5km・hです。この設定で3km歩きます。時間にして40分です。

 

まとめ

このようなメニューを継続的に行うことで、私は引き締まった体を手に入れることができ、今も維持できています。早く結果を求めすぎず、心や体の負担にならないように計画することが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加