筋トレとランニングで作る美しきボディ!

筋トレとランニングで作る美しきボディ!

引き締まった身体、人を惹き付けてやまない魅惑のボディ。 欲しいとは思っても、自分なんかが努力したところでなんて思っていませんか。美しいボディは誰でも手に入れることのできるものです。ここではその方法についてお伝えします。

 

身体を引き締めるために必要なのはやる気

まず、最初に身体を引き締めることに必要なものはなんだと思いますか。答えは簡単。やる気です。 なんだそれ、結局精神論かよって思われた方少しだけ待ってください。 やる気とは言ってもここでいうやる気とは毎日続けるだけの根気の事をさします。そう言うと少し難しいものに感じてしまうかもしれません。

 

しかし、疲れたらサボってしまってもいいのです。いきなり矛盾している、と思いましたか。でも、本当に大事なのは無理して頑張り続けることより疲れない範囲で出来ることを頑張ることなのです。 では、今からその具体的な方法を紹介します。

 

まず、最初に言っておきますがやることは2つです。筋トレとランニング。この2つを『疲れないように』やるだけで構いません。

 

筋トレ

では、まず筋トレの解説を致しますと、自由です。ふざけているわけではありません。腹筋や背筋、スクワットなど、引き締めたい部位を疲れない回数行うだけです。各10回どころか5回ずつでも構いません。 本当に重要なのは次にやるときにしんどい、つらい、やりたくないっていう気持ちにならないことです。

 

一応参考までに、私のやった内容を記しますと、腹筋30回、背筋15秒、腕立て5回、スクワット20回です。今は体力もつきそれぞれもう少し回数をふやしてますが、こんなものです。むしろ、これでも多いくらいです。最初、全く今まで運動をしてこなかった方でしたら腹筋5回背筋5秒、腕立て1回(体を下げた体制で5秒ほどキープ)、スクワット10回とかで大丈夫です。

 

ランニング

そして、次にランニングですがこちらも無理のない範囲で20分くらい動きましょう。 本当に疲れないスピード、人によっては走らず歩くぐらいでも大丈夫です。近所のコンビニに徒歩で向かうくらいの足取りでも問題ありません。ここで重要なのは運動量ではなく運動時間、そして毎日継続的に行うことです。

 

もっとも、運動は本来2日に一度くらいのペースで行い、体を休める日があった方が良いとされていますしその辺は個人の判断にお任せします。そして、運動終わりに食事をとることで筋肉もつきやすくなります。ですので、できるだけ食前に運動をするといいでしょう。

 

まとめ

まとめると、1番大事なのは継続することです。そして、筋トレの後にランニング及びウォーキングの流れを無理のない範囲で行うことです。 そうして、運動を習慣化していくことを目指しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加