痩せたい時は食べた後のウォーキング!

痩せたい時は食べた後のウォーキング!

街中を歩くと色んな誘惑があります。美味しそうなケーキやドーナツ!見ているだけでお腹が減ってくるラーメン! しかし、満足に食べたくても昨日乗った体重計が頭をよぎる。我慢をしなくてはいけない、でも美味しいものは我慢したくない!そう考える方、多いんじゃないかと思います。

 

毎日5分外へ出て風へあたって帰ってくるだけ

そこで、今回は私が実践して痩せられたウォーキングダイエットを紹介したいと思います。 ウォーキングってなんか辛そうだしめんどくさそうだなって思った方少しだけ待ってください。 ウォーキングっていっても、長々と続ける必要も、スピードを出す必要もありません。毎日5分、外へ出て風へあたって帰ってくる、これだけでいいなら出来るかもって思いませんか?

 

でも、そんな上手い話あるの。そんだけなら、大して痩せないんじゃないの。と思う方も多いんじゃないかと思います。 しかし、実は人間って一日の生活においてそこそこのカロリーを消費しています。 大体、男女共に2000kcal前後の消費ですね。なら、無理に運動量を減らすよりも食後に食べ物が脂肪になりにくくする方が手っ取り早いとは思いませんか。

 

だからこそ、食後の5分ウォーキングです。 当然、食後ですので、激しい動きや長時間の運動はする必要がありませんし、むしろ逆効果です。 1番大事なのは続けることです。体に無理に負担をかけて、三日坊主で終わるよりも、ほんとに少しのことを毎日続けることの方が余程効果があります。継続は力なりです。

 

とはいえ、食後の運動以外でも動けるよって方もいるかもしれません。

 

空いた時間にランニングに出かける

その場合は、空いた時間に、ランニングなどへ出かけることで更なる効果が期待できます。ここで大事なのは、無理なく続けられる範囲で行うことです。疲れたと思ったら、その日はそこで終わりにしていいですし、コースなども自分が好きな風景をみれるところなど好きに決めてもらって大丈夫です。

 

何度も言いますが大事なのは続けること、スピードを出したり、無理に頑張ることではありません。それこそ、大好きな食事の『いただきます。』の掛け声と一緒で日常の習慣として違和感なく定着することを目指しましょう。

 

まとめ

最後にまとめになりますが、やることは1つです。食べたあとは5分歩く。これを毎日徹底してください。続けることが1番大事ってことを忘れることなく取り組めば今回紹介したウォーキングや、ランニング以外のダイエット方法を取り入れても、上手くいくでしょう。あなたのダイエットが上手くいくことを願っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加