自分の好きな方法でダイエットしよう!長期的な計画を

自分の好きな方法でダイエットしよう!長期的な計画を

ダイエットをしようと思っても、途中でモチベーションがなくなってしまうことがありますよね。何度も何度もダイエットに挑戦しても、挫折してしまう人は珍しくありません。

 

しかし、ダイエットは何をするかよりも継続することの方が大切です。ここでは、ダイエットのモチベーションを維持する方法について紹介していきます。

 

自分の好きな方法でダイエットをする

ダイエットをしようと思うと、「運動は苦手だけれど毎日ランニングに行く」のように、無理をしてしまう人も多いのではないでしょうか。食べることが好きなのに、朝食を抜く、夕食を半分にする、などといったやり方をすれば、長続きしなくても無理はありません。自分の苦手な方法でのダイエットは楽しめないため、長期的な挑戦ができないのです。

 

そのため、自分の好きな方法でダイエットできるようにしてみましょう。例えば、運動が好きならば運動してダイエットをすれば良いですし、食べることが好きならば食事を制限するのではなく、食事を工夫しましょう。例えば野菜から食べ始める、食事前に水を飲む、このようなことをするだけでも食事量は変わります。食べることが好きならば、よく噛むように心がけ、ゆっくり食事をしましょう。

 

もしも美容に関心があるなら、きれいになれる努力をすることの一環としてダイエットを導入すると良いでしょう。自分の興味のある分野でダイエットをすることがポイントです。

 

強いモチベーションを持つ

ダイエットのモチベーションが維持できないのであれば、モチベーションそのものがまだ弱いのかもしれません。ただ漠然と「痩せたい」と思うのではなく、例えば「次のデートまでに何キロ痩せる」「子供のためにきれいになりたい」などのように、強いモチベーションを持つことが大切です。漠然と「痩せたい」と思っても、「まだ洋服が切れるからいいや」などと自分に妥協してしまうことがあります。誰か他の人のために痩せようと努力することも、モチベーションを維持するために大切です。

 

長期的に痩せる計画を持つ

ダイエットのモチベーションが維持できない場合、無理をしすぎている場合があります。例えば、人間にはダイエットをしても停滞期がやってきますし、1ヵ月に5キロも10キロも痩せることはできません。仮に1ヵ月で60キロも体重が減ったら、それは極めて不健康です。また、急激に体重が減ってしまうとリバウンドする可能性も高まります。1ヵ月に1キロほど落とすペースでダイエットをしましょう。無理をしすぎないことでゆっくりダイエットができ、リバウンドする可能性も低くなります。

 

まとめ

ダイエットをしたいならば、苦手な方法ではなく、得意な方法でダイエットをしましょう。くじけないようにするためには違うモチベーションを持ち、長期的なダイエット計画を立てることが大切です。1ヵ月に3キロも減らすのはなかなか大変ですが、1ヵ月に1キロ減らすのであれば誰にでもできると言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加