コンニャク生活でお腹周りがすっきり

コンニャク生活でお腹周りがすっきり

私は45歳のサラリーマンです。仕事は主にデスクワーク、時々外回りの営業マンです。運動が嫌いで休みほぼ家で過ごしています。無類の炭水化物好きでお米、麺類が大好きです。20代の頃は基礎代謝のおかげで食べても太らないで済んでいたのですが30代後半からはじわじわと腹囲が大きくなってきました。

 

炭水化物やめて満腹感を得るためにコンニャクを食べる

昨年12月、知人の結婚式に出席するために礼服を着てびっくり、なんと34歳の時のパンツのウエストが閉まりません。私的にはまあ年相応と感じていた肥満がかなり進行している事に気づかされました。そこで食事量を減らそうと思いましたが炭水化物が好きすぎてお米や麺をやめるのは無理と思い、満腹感を出すためにコンニャクを食べるようにしました。

 

次第にコンニャクに飽きてしまった

はじめはおかずの中にコンニャク料理をプラスする方法を取り入れました。煮物や汁物に具として入れる事で満腹感を得る方法です。しかしコンニャクが大好きというわけでもないので数週間で「コンニャクはもういいかな。」と思うようになっていきました。そこで今度は刺身コンニャクやコンニャクゼリー等を試しました。それでもやはり1ヶ月程度で飽きがやってきました。

 

多種多様なコンニャクのアレンジレシピで飽きずに食べられるように!

改めてスーパーのコンニャクコーナーで商品を眺めて気が付いたのが多種多様なコンニャクが有りました。糸コンニャクではなく平打ち麺のような形状のモノやお米に混ぜてかさ増し出来るモノなど多くあることに気が付きました。レシピに関しても精進料理の技法やクックパッドで出てくるアレンジレシピの多さにびっくりしました。

 

早速そのようなレシピをまねてびっくり、お米に入っている事が気が付かないようなかさ増しコンニャクや食感はまるで肉のようなコンニャク料理、コンニャク麺を使った担々麺(炭水化物大好きにはありがたい!)など飽きずに食べる事が出来ました。

 

食物繊維のおかげで便秘も改善

その結果空腹のストレスを感じる事無く少しずつ食事量を減らし、多少のウォーキングも行いながらのダイエットを続けてこれました。時間制のデスクワークの為トイレに行くタイミングが取りにくく便秘がちだったのですが食物繊維のおかげで改善されました。

 

まとめ

コンニャクダイエットで一年前は89㎝あったウエストは一年弱で79㎝と10㎝のウエストダウンに成功しました。飽きるだろうと思いながら始めたコンニャク料理は商品の多様性や多くのレシピで楽しく痩せれます。便秘改善にもなり体も軽くなっていきます。皆さんにもおすすめの食材だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加