私が痩せ体質になるために行っていた簡単な事

私が痩せ体質になるために行っていた簡単な事

私が瘦せるために行っていたこと、それは三つあります。

野菜中心の食事に切り替えたこと

ご飯の量を減らし、「これじゃ足りない」と思ったときは、野菜を多く食べるようにしました。キャベツの千切りとか、もやしをふんだんに入れたみそ汁とか、とにかく野菜ばかり食べていました。夜おなかがすいたとき、以前まではインスタントラーメンを食べることが多かったのですが、ラーメンはやめにして、野菜スープをつくって食べるようにしました。変な話、便もよく出るようになって、「これは痩せられる」と確信しました。

 

とにかく「歩く」ことを心がける

会社までの道のりも歩いて歩いて歩きまくりました。できるだけ時間に余裕を持たせて、日によっては遠回りしてまで、多めに歩くようにしました。具体的には万歩計をうまく使って、一日あたり1万歩以上は歩きました。しかも普通にゆっくり歩くのではなく、足が痛くなるほど、急ぎ足で歩きまくりました。

 

晩酌をやめて、好物のビールを絶ったこと

よくビールは食欲を刺激するといわれていますが、それがなくなっただけで、食事制限につながったように思います。ビールをやめたおかげで、家計的にも痩せ体質になれました。健康に加えて、節約というメリットも得られることができたのは大きいです。

そんなこんなで、以上三つのことを続けていたら、自ずと減量に成功することができました。ビールをやめて、食事は野菜が中心、そして歩くことを心がけたということ。それが私自身、痩せ体質へと変貌することができたポイントです。

 

減量がうまくいった今だからこそいえることなのかもしれませんが、大切なのは「無理や無茶だけはしないこと」だと思います。無理はせず、むしろ楽しむぐらいの気持ちでやれることを実践すること、それが長続きの秘訣だと考えています。

 

痩せすぎ体質はまずいので、そのへんは自分なりに調節しながら、うまく折り合いをつけていきたいです。いくら「痩せる」という目標を掲げたとしても、「食べたいときは食べる」ことが大事ですし、「おいしいものを食べたい」という欲求は、きわめて健康的なことだと思っています。

 

結局、自分にもっともふさわしい方法で、痩せ体質を目指すことが大切なんだろうと思います。無理せず、無茶だけはしないようにしながら、理想的な自分の痩せ体質を目指してほしいと思っています。共に頑張っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加