痩せにくい下腹はコアを鍛えることが大事!

痩せにくい下腹はコアを鍛えることが大事!

下腹は痩せにくいですよね。歳を重ねて思うのが下腹と背中の痩せにくさ。そして下腹と背中は油断するとあっという間に肉がつく場所だと感じます。そんな下腹ですが、わたしはフィットネスクラブに入会して3ヶ月ほどでだいぶ納得のいく形になりましたよ。

 

完璧な状態ではなくても年齢を考えれば上出来だと思うし、今後もフィットネスクラブでの運動に精を出すつもりでいるので焦る気持ちはなく、ここまで頑張った自分をねぎらいたいです。

 

ダイエットよりも筋肉増量に力を入れる

わたしが取り組んでいる運動は主に筋トレです。マシンを使うのが手っ取り早いですがマシントレーニングだけでは限界があります。マシントレーニングはダイエットよりもどちらかというと筋肉増量のため・・・筋肉を増やしたい筋肉質なカラダを目指す人にとってマシンはなくてはならないもの。ダイエット目的の人にはマシントレーニングだけではなかなか結果が出なくて大変だろうと思います。

 

コアを鍛えるピラティスがお腹と背中に効く!

わたしは筋肉量を増やしながら下腹や背中を引きしめたいのでマシントレーニングを日課としています。ただ、それだけではなくコアを鍛えるスタジオプログラムにもよく参加します。コアを鍛えるといえばピラティスですよね。ピラティスは地味な動きですがお腹と背中を鍛えるにはこれ以上無いほど素晴らしい運動なんですよ。

 

見ているとたいしたことない運動のように感じますが、実際は腹筋背筋を集中的に使うため大変なんです。45分クラスの場合30分間くらいはずっとコアを刺激します。慣れないと腹筋がつる人もいます。足がつるように腹筋もつるんですね・・・。わたしはつらないように気をつけているので問題ないですが、ピラティス初心者が張り切りすぎると腹筋がつって動けなくなることもあるため、慣れるまでの間は加減すると良いでしょう。

 

マシン筋トレとピラティスでスッキリしてきた

マシンで筋肉を刺激してピラティスで更に刺激を加えることを週4日くらい続けていると、ぽっこり下腹もぷにぷに背中もスッキリしてきます。嬉しいことに二の腕もスリムになってきます。週2回くらいだと変化が起るスピードは緩やかになるので時間が許す限り施設を利用すると良いと思います。

 

せっかくフィットネスクラブに来ても知り合いとおしゃべりしてばかりの人もチラホラ・・・。おしゃべり好きな人は知り合いを見つけるとついつい長話になりがちですが、ダイエット目的での利用ならそこは我慢。お口の体操はどこか別の場所でやることにして、フィットネスクラブではマスク必須ですし黙々とトレーニングしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加