腹筋が見えるお腹のシンプルな作り方

腹筋が見えるお腹のシンプルな作り方

初めまして!私はアマチュアながらボクシングに励んでいるものです。ボクシングはハードスポーツながら、やり甲斐もあり、非常に楽しいスポーツですよ。

 

さて、そんな私が今回ご紹介するのが、腹筋の割り方です!腹筋を割ることに対して、非常に難関なイメージがないでしょうか。激しく、ストイックな運動が必要だ、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。今回は腹筋を簡単に割る、シンプルな方法を二つご紹介していきますね。

 

脂肪になっていく油分の摂取を減らす

まず、腹筋を割ることに大切なのは食事です。結論から言ってしまいますが、腹筋というのはお腹の贅肉、脂肪が落ちれば自然と見えていきます。つまり、全く鍛えなくとも、食事のカロリーを減らし、減量することができれば割れた腹筋を手にすることができます。ボクシングは太ってしまうと選手生命に関わります。よって、私はなるべく油物を避けるようにしています。

 

例えば、菓子パンを食べるよりも、おにぎりを食べた方が油分が少なく、カロリーを落とすことができます。しかし、油なら全て悪、というわけではありません。オリーブオイルや、鯖缶など体にとって良質な油も存在します。良質な油を摂取しながら、脂肪になっていく油分の摂取を減らしていく。この方法を私はお勧めします。

 

下半身を鍛える

次に、腹筋を鍛えるトレーニングをご紹介します。腹筋を鍛えるんだから、腹筋に効くトレーニングが必要だ、と考える方もいらっしゃいますが、私は違います。腹筋を割りたいなら、まず下半身を鍛える必要があります。なぜなら、下半身を鍛えることにより、基礎代謝が上がり、脂肪がつきにくい体を作っていくことができます。これにより、リバウンドしていくリスクを減らすことができます。

 

私はこれに追加で、走り込みを行います。走り込みといっても、20分、30分で走れるコースで結構です。大切なのは、挫折せずに継続することなので、毎日でも続けられるキツさで走り込みましょう。これらのトレーニングに合わせて、腹筋を直接鍛えていくと、みるみるかっこいい腹筋が完成します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。このように、腹筋を割ることは誰でもできます。1番大切なのは、途中で挫折せずにやり遂げるという強い意志と、継続していくことだと思います。一応宣伝しておきますが、ボクシングは腹筋及びダイエットに最適なスポーツです。もし興味がある方がいらっしゃれば、お近くのジムに体験に行ってみることをお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加