自宅で軽い筋トレから始めてジムで基礎代謝アップでメタボ解消!

自宅で軽い筋トレから始めてジムで基礎代謝アップでメタボ解消!

コロナ禍の中、長らく運動不足となっていたため、体重も大幅に増加し、かなりの肥満の状態となっていました。そのためダイエットに取り組もうと考えました。スポーツジム等も閉まっていたタイミングであったため、自宅で出来るエクササイズ関連で、腹筋運動や軽い筋力トレーニングをやり始めました。

 

元々体が非常にかたかったこともあり、ストレッチなどにも取り組み始めました。可能な限り続けるようにしたことで、徐々にではありますが、体力も戻ってきたように思います。

 

自宅外では有酸素運動等も取り入れはじめ、公園などで一定の距離を走ったり、坂道ダッシュなど、比較的全力に近い速度で走るトレーニングなども加えていきました。

 

並行して食事の方も気を付け、これまで食べたいだけ食べるという状態に近い状態でしたが、腹八分にとどめたり、食べるものも脂肪を取り過ぎない、白米を取り過ぎないなど、カロリーを意識して食事をとるように心がけました。

 

これらのトレーニングを続けていくことで、徐々に体重も始めました。身長176cm、マックス時は体重が83kg程度あり、メタボリックシンドロームの判定にも引っかかっていた状態でしたが、80を切り、76から77kg程度まで減量することができました。

 

ここからはトレーニングジム等でも筋力トレーニングなども加え、基礎代謝をさらに上げていくことができるようトレーニングに取り組みました。

 

そうすることで、体脂肪率低下と共に筋力の比率が上昇していき、脂肪と筋肉の重量の違いから、体重があまり変わらない時期がありましたが、そこを抜けるとさらに体重が低下していきました。結果として73から74kg程度まで体重が低下し、メタボリックシンドロームの基準の腹囲を下回るくらいまで低下してきました。

 

全体的なトレーニングなどによって下腹部のダイエットにもつながったものの、まだ下腹部に脂肪が残っている印象があります。そのため、これまでのトレーニングを続けつつ、下腹部回りの腹筋のトレーニングを可能な限り毎日続けるようにしています。

 

具体的にはYOUTUBEなどでの下腹部のダイエットに効果がありそうなエクササイズで10分程度の腹筋トレーニングを見つけ、そういったエクササイズを取り組むようにしています。

 

まだ道半ばですが、これらのトレーニングを継続し、割れた腹筋が見えるようになるくらいまでトレーニングを続けていければと考えています。


このエントリーをはてなブックマークに追加