ピルによる下腹のぽっこりの影響は?

ピルによる下腹のぽっこりの影響は?

前に下腹がぽっこりしてしまう原因として、女性ホルモンが関係していることを話しました。女性ホルモンが少なくなることで、下腹がぽっこりになってしまうのです。それで女性ホルモンをふやすためピルを服用する人もいるそうです。これらのことを含めて、ピルと下腹のぽっこりの関係について調べてみたいと思います。

 

ピルとはどんなもの?

先ほどからでてきているピル。言葉はきいたことあるけど、詳しく知らない人もいるかもしれません。ピルは女性ホルモンが入っており、排卵が抑制されるお薬です。効果としまして、卵巣がんを予防したり月経痛の痛みを和らげることができます。だからといって、誰でも使用できるわけではないのです。産科または婦人科のある病院に行き、医師から承諾されて処方してもらいます。

 

ピルの副作用

ピルを飲む事になれば、気になるのは副作用ですよね。その人の体質や薬の成分によって、副作用が出る人・出ない人がいると思います。副作用の症状として胸にムカつきがあったり、月経がなくなったりする人もいます。飲んでいて「おかしいな?」と思ったら、すぐピルを処方してもらった病院で相談してください。そして場合によっては、服用はやめましょう。

 

下腹のぽっこりを抑えるためや、卵巣がんや子宮筋腫の治療のために使っているピル。ですが副作用を起こしても飲み続けていると、危険を伴います。アナフィラキシーショックをおこす恐れもあります。副作用が出たら、服用するのをやめることをお勧めします。

 

 

ピルが服用できないケース

副作用を起こす前に、ピルを服用できない人もいます。まず妊娠中の人。次に、心臓や腎臓の病気を患っている人です。あとは、飲み合わせですね。抗生物質を普段から服用している人は、ピルを飲んでも薬の効き目が弱まる傾向があります。このようなことから、ピルを飲めば大丈夫ということは一概にいえないと考えます。普段から飲んでいる薬があったり、治療中の病気がある人は主治医に相談しましょう。そして医師の了承をえてから、ピルを処方してもらえる病院にいくようにして下さい。

 

子宮の病気の治療に使われることがある

ピルは子宮の病気の薬物治療として、使われることが多いです。子宮筋腫や、子宮腺筋症などに処方されます。手術ではなく、薬物治療を希望した人が服用しているケースが多いそうです。月経の出血量を少なくしたり、出血を止めたりします。

 

それでも一時的に、症状を軽減させるだけです。飲まなくなると、またいつもと同じに戻ります。ピルをのめば、ホルモンがふえて下腹のぽっこりがおさまるかもしれません。けれど飲み続けなければならないというデメリットがあることも覚えておいた方がよいかと考えます。

 

まとめ

ピルと下腹のぽっこりの関係について、語ってみました。子宮に関する病気の人が、治療でピルを使っているんですね。ピルをのめば、ホルモンの影響で以前より下腹のぽっこりは抑えられるでしょう。でもずっと、飲み続ける覚悟が必要となります。

 

かといってのまなければ、また元通りになってしまいます。そこの選択が難しく感じます。ピルを服用する際は、医者と相談することが大事です。そして服用するにしても、医者の指示通りにのむように心がけましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加