40代になると、下腹がぽっこりになりやすいのはなぜ?

40代になると、下腹がぽっこりになりやすいのはなぜ?

女性は下腹がぽっこりしてくると、気持ちが落胆してしまう人がいると思います。今までダイエットで、何とかへこませることはできていた。しかし年齢が40代くらいになると、なかなか思うようにいかなくなります。どうして40代になると、下腹のぽっこりを抑えることができないのかを探っていきたいと思います。

 

痩せにくくなっているのはなぜ?

40代に突入すると、痩せずらくなり下腹もぽっこりしはじめます。年齢とともに、やせづらくなるとはききます。理由として挙げられるのが、体幹の筋肉が弱ってきているということです。その他、女性ホルモンの減少に伴い、内臓脂肪がつきやすくなるのです。このことが原因で、下腹がぽっこりしてしまうことになります。

 

 

食べる量をコントロールしよう

40代になると、内臓脂肪が皮下脂肪にかわっていきます。そうすると、なかなか落とすまで難しくなります。かといって食べないでいると、逆に皮下脂肪が増える一方です。だから、食べるものに気をつける必要があります。はじめに、食べる量ですね。満腹に食べてしまうと、太りやすくなり下腹がぽっこりしたままです。ですから、腹八分目くらいで食事を終えるようにしましょうね。

 

食べる食品として、低糖質の納豆や鶏肉を他の食品より多くとるようにして下さい。調理方法も油でいためるより蒸したりゆでたりして食べるとよいかと思います。お魚はタンパク質がある、白身魚や青魚を食べるように心がけましょう。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠は大事です。不眠状態が続くと血糖値があがります。そうすると、太りやすくなってしまうのです。いくら食事を気をつけていても、睡眠が十分にとれていないと下腹がぽっこりしたままになってしまいます。睡眠の質も大事です。深い眠りができているのなら、問題ありません。しかし浅い眠りで、夜中に何度も目が覚めてしまう。そういった場合は、枕があってないかもしれません。寝具を変えたり、アイマスクをして寝るなど工夫してみて下さい。

 

 

まとめ

40代になると、下腹がぽっこりになりやすいことについて説明しました。女性ホルモンが今までより減ったことで、内臓脂肪が増えてしまい太りやすくなる。だから下腹がぽっこりしてきて、ダイエットしてもなかなか引っ込まないということになります。

 

それでも食事や睡眠の質を高めることで、変わってくると思います。油分の多いものを大量にとらないようにしたり、何より食べ過ぎないことが重要です。特にたくさん食べた後は、あまり動きたくなくなくなるので要注意です。

 

質の良い睡眠をとることも重要です。睡眠がしっかりしていると、目覚めもスッキリおきれます。それに睡眠は、健康や美容に関わってきます。だから寝る前はゲームなどはせず、何も考えずゆったりとした状態で寝るようにするとよい睡眠がとれると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加