ダイエットを成功させるためには睡眠が大事?

ダイエットを成功させるためには睡眠が大事?

十分に睡眠をとるだけでダイエットに良い影響を与えるのは知っていますか?「睡眠ダイエット」というダイエット法があるくらいなので、いかに睡眠が痩せるために重要かが分かります。そんな睡眠とダイエットについて、やり方や効果を解説します。

 

寝るだけで痩せる理由

頑張って食事制限をしたり、運動をしたり、ダイエットは決して簡単ではありません。しかし“睡眠ダイエット”は、寝るだけで痩せると言われています。なぜ寝るだけでダイエット効果を得られるのかと言うと、寝ることでホルモン分泌や自律神経が正常になるからです。実際、きちんと睡眠をとるようにしてからみるみるうちに痩せたという事例もあります。それくらい睡眠とダイエットは深い関係があるのでしょう。

 

睡眠ダイエットのやり方

では、どのようにして睡眠ダイエットを行えば良いのでしょうか?睡眠ダイエットと言っても、ただ寝るだけで良いというわけではありません。ポイントは「3・3・7睡眠法」です。

 

「3」

寝はじめの3時間は特に成長ホルモンが分泌するため、中断せずに深い眠りに入ることが大切です。

 

「3」

深夜3時には寝ていること。シンデレラタイムという時間がありますが、実際夜10時~2時まで寝るとはダイエットにも美容にも欠かせません。なるべくは3時までには寝るようにしましょう。

 

「7」

睡眠時間は7時間がベストです。この7時間は一度に7時間という意味ではなく、仮眠も含めたトータルの時間になります。睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が減ってしまいますから、1日に7時間はしっかりとるようにしましょう。

 

 

寝る前にやると良いこと

「さぁ寝るぞ!」と思うとなかなか寝つけないものです。寝る前はリラックスすることも大切ですから、体の凝りをほぐし血流を良くしてあげましょう。おすすめの方法をいくつか紹介します。

 

ストレッチをする

手足・背中・股関節のストレッチを行います。手足は、仰向けになりまっすぐ伸ばした状態でぷらぷら揺らします。背中は、正座になり背筋を伸ばして手を前に出します。体を大きく前に倒したら、息を吐きながら床に胸をつけましょう。十分伸ばしてあげるとスッキリします。股関節は、両足を伸ばし、両手を前に持っていき苦しくない程度まで前屈します。入浴後に行うと伸ばしやすくなります。

 

ハチミツを食べる

睡眠の1時間前にコップ1杯のお湯と大さじ1杯のハチミツを溶かして「ハチミツ湯」にしてのみます。脂肪燃焼効果で寝ている間に成長ホルモンを十分に分泌してくれます。

 

まとめ

無理な食事制限をするくらいなら、十分な睡眠をとったほうがダイエットには効果的であることが分かりました。食事制限でなかなか痩せない、停滞期で悩んでいるという方は、ぜひ睡眠を見直してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加