ストレスが溜まると太りやすくなる理由

ストレスが溜まると太りやすくなる理由

 

「ストレス太り」というフレーズはよく耳にしますし、私自身太った言い訳によく使っています。実際、どうなのかといいますとストレスと太ることには関係性があって、その原因はストレスの影響を受けた脳の働きとも言われています。

 

ストレスを溜めてしまうと、糖尿病や精神疾患になりやすくなる、食欲をコントロールできなくなる、消化不良を起こす、呼吸が浅くなり太りやすくなる、など身体によくない影響が多く起こります。

 

ストレスを感じると食欲が増大する

ストレスで食欲がなくなって食べてない(=摂取カロリーが低い)はずなのに、全然痩せていないなんて経験はありませんか?人の体は食べる量が極端に減ると、脳がカロリーを消費しないように脂肪を貯蓄するよう信号を出します。

 

体がストレスを感じると、もちろん脳もストレスを感じます。脳の『大脳辺縁系』という場所が興奮をし、『ドーパミン』というホルモンが分泌されるのですが、このホルモンは摂食中枢に働きかけ、食欲を増大させる作用があります。

 

 

食欲を抑えるレプチンが減退する

また、それと同時に『レプチン』の働きが減退するのですが、このホルモンは満腹中枢を刺激し食欲を抑える働きをします。食欲を増大させるホルモンが放出される上に、満腹中枢を刺激するホルモンの働きは抑制されてしまう。この働きを生み出す『ストレス』はまさに、太る原因と言えますね。

 

太った原因がストレスならそれを解消させることが先決

 恐ろしい循環を作り出してしまう『ストレス』ですが、自分の太った原因がストレスであるとはっきりしているのならば、なによりそのストレスを解消させるのが先決です。

 

カラオケに行く、運動をする、睡眠を適切にしっかりとるなど有効な手段はたくさんあります。自分に合ったストレス解消方法を探してみましょう。またストレスによる過食が起こり、太ってしまった場合、食べるものを変えてみることも必要です。

 

 

食べるものにも気をつけよう

それはもちろんカロリーの低いものに変えるのです。こんにゃくゼリー、寒天、冷凍フルーツ、くずもち、ピスタチオといったものがお勧めです。お腹いっぱいになるまで食べず、寝る3時間前は食べない、なるべく個別包装のお菓子を選ぶ、このルールを守るとより効果的です。


このエントリーをはてなブックマークに追加