女性の下腹部がぽっこりしてしまう原因と解消法は?

女性の下腹部がぽっこりしてしまう原因と解消法は?

下腹部のぽっこりには、いつも頭を悩まされますよね。どうすればなくなるんだろう?そもそも原因はなんだろう?と私もよく悩みました。

 

そんな時、原因や解消法を知ったら、ぽっこりお腹も改善できました。ぽっこりお腹が気になってしまう方、痩せれば改善すると間違ったやり方でダイエットしている方!原因と解消法をしらなければ、ずっとお腹はぽっこりのままかもしれません。女性の下腹部がぽっこりしてしまう原因と解消法を紹介いたします!

 

原因

①【腹筋が衰えてしまっているから】
腹横筋が衰えて内蔵を支える力が落ちて内蔵が下がってしまいます。

 

②【骨盤の歪み】
女性は男性よりも脂肪量が多く、筋肉量が少ないため女性は骨盤が歪みやすいのです。骨盤が歪むことで内蔵が下がってしまいます

 

③【便秘】
女性はホルモンバランスで便秘しやすくなります。便などが腸内に溜まることで下腹部がぽっこりと前に出てしまいます

 

④【冷え性】
筋肉量の少ない女性は熱をつくるのも熱を配るのも苦手です。身体が冷えることによって下腹部にたるみが出てぽっこりしてしまう。

 

解消法

①【腹筋を鍛える】
腹筋を鍛えることによって内蔵が支えられるようになり、内蔵が下がってこなくなります。

 

②【お腹の脂肪を減らす】
筋トレやダイエットやマッサージなどを行うことでぽっこりお腹が解消されます。 ただし、無理なダイエットや筋トレは逆にお腹のぽっこりを悪化させてしまうかもしないので正しいトレーニングの仕方などを調べて行った方がいいです。

 

③【1日3食規則正しく食べる】
1日3食規則正しく食事を摂ることで腸のリズムが安定し定期的な快便につながります。
また、朝食を抜いたりしたら便意を起こす大ぜん動という腸の収縮運動がおこらなくなってしまうので絶対に朝食を抜かないでください。

 

④【夕食は寝る3時間前までに食べる】
人間は寝ている間に体内の働きを調整する物質が分泌され消化管の内部を綺麗に掃除してくれます。しかし空腹にならないと十分に分泌されないので寝るまでに胃の中がある程度空になっていないといけません。なので夕食を寝る3時間前までに食べると痩せやすくなります。

 

⑤【下がり腸を元の位置に戻す】
寝っ転がってお尻を上げて腸がやわらかくなるように揉み揉みします。そうしたら腸の働きが活発になり便秘も改善します。また、身体を反らすのもおすすめです。

 

まとめ

今回、女性のぽっこり下腹部の原因や解消法を調べてみて大事なことはお腹を中心に筋肉をつけることと、とにかく便を出すことだと思いました。ぜひこれらの方法をやって、ぽっこりお腹を改善してみてください!

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加