中学生で下腹がぽっこり出てしまうのは何故!?

中学生で下腹がぽっこり出てしまうのは何故!?

下腹がぽっこり出てしまうのは何故でしょうか!?中年になると年齢も重ね、運動不足などが原因になっていることがありますが、中学生くらいの年齢でも出てしまうことがあります。そんな、中学生という若さながら下腹がぽっこり出てしまう原因と解消法についてまとめてみました。

 

中学生で下腹がぽっこり出る原因!?

中学生で下腹がぽっこり出てしまっている原因には、腹筋が弱くなっていることや脂肪がついてしまっていることなどがあります。年齢に関係なく、腹筋が弱くなっていると下腹部の内臓脂肪や内臓、そのものが出ているケースがあります。特に、女子は下腹部の力が弱く、胃腸が前に出てしまっていることもあります。体が細いのに下腹がぽっこり出てしまっているという人は、これに当てはまる可能性があります。

 

余分な脂肪がついてしまっていることで、下腹部がぽっこり出てしまうこともあります。体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが蓄積する場所が違い、内臓脂肪は胃や腸につく脂肪で、皮下脂肪は筋肉の間につく脂肪となります。男性は内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪が多くなると言われています。これらの脂肪をつけないようにすることが改善には大切です。また、脂肪を燃焼したり、カロリーを消費することで、ぽっこり下腹を改善することが可能になります。

 

中学生がぽっこり下腹を解消する方法

腹筋が弱くなっている場合は、腹筋をつける筋トレやストレッチ、体操などが必要になります。簡単なストレッチをちょっとした時間で行なうだけで引き締めることが出来ます。脂肪がついてしまっている場合は、脂肪燃焼の運動はもちろん、食事メニューの見直しをしてみて下さい。内臓脂肪は、生活習慣病と深く関連しています。

 

ぽっこり下腹になっている中学生の内臓脂肪や皮下脂肪の原因は、摂取している食事メニューによるところが大きいです。中学生くらいのお子様を持つ親御さんは野菜をたくさん食べさせるようにして下さい。中学生くらいの年齢は食べ盛りで何でもたくさん食べさせてあげたい時期ですが、それに伴う消費をしていないと脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

中学生は体の代謝も活発で加齢からくる基礎代謝の低下などはありませんが、運動不足の状態で過度な食事をとっているとぽっこり下腹になってしまいます。運動量に見合ったカロリー摂取を行なうようにしましょう。また、野菜はダイエットだけでなく栄養素も豊富なので、メニューに取り込んでみて下さい。

 

野菜にはビタミンはもちろん、ミネラルが豊富です。体の代謝を促進させる栄養素も多く含んでいるので、新陳代謝の活性化としてもおすすめです。毎日の食事でのカロリー摂取は、目に見えにくいだけに疎かにしがちです。摂取したカロリー分は脂肪燃焼の運動をするように心がけましょう。簡単なトレーニングと食生活など、生活習慣を見直すようにしてみて下さい。

 

まとめ

中学生のぽっこり下腹の原因と解消法についてまとめてみました。中学生くらいの年齢で下腹がぽっこりしてしまうと見た目でも恥ずかしいですよね。毎日の食事内容や適度な運動で改善できます。簡単な腹筋などでも効果があります。集中的に行なえば負荷をかけ過ぎることなく、引き締めることが可能です。生活習慣の見直しと併せて、是非、簡単なトレーニングも試してみて下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加