お腹がパンパン!下腹のぽっこり、お腹が張るのはこれが原因?

お腹がパンパン!下腹のぽっこり、お腹が張るのはこれが原因?

 

特にお腹いっぱい食べたわけでもないのに、下腹が張るような感触がある場合がありますよね。ネットで色々調べてもよくわからない、そんな方は、実は腸内細菌が上手に活躍してくれていないのかもしれません。巷では”デブ菌”とか”痩せ菌”などと、俗称でよく言われる腸内細菌ですが、こうした元々腸内に住み着いてくれている細菌たちは、どれかが減りすぎても、増えすぎてもダメなんです。

 

要は『腸内細菌を正常に保つ』というのが大切です。これには、食事だけではなく、様々な日々の暮らしの中で、体調を整えて、正しい生活リズムを整えて行く必要があります。下腹のぽっこりは、実はこうした細菌バランスが狂ったことで、腸内に余計なガスが溜まっていたり、あるいは宿便などの要因でパンパンに膨らんでいることがあるんですね。そこで今回は腸内細菌のお話です。

 

下腹ぽっこりの張る要因は、腸内環境悪化が原因かも?

私達の体の中には、実に数百兆個、重さにしてなんと1キロから2キロもの細菌が寄生しています。皮膚を始めとして、消化管、呼吸器系、口の中や性器の中など、体のあらゆる部分に住み着いているんですね。腸内細菌もその中の一つで、この細菌類たちは、主に口から唾液と一緒に、腸に届けられます。

 

従って乳幼児の腸内細菌は、まだ口から入る食べ物は流動食に近く、しかもウイルスなどの免疫力も低いことから、口にするものは衛生的で、外から細菌が入って来ない環境でしばらく暮らします。だから赤ちゃんのうんちには、ほとんど大腸菌などの細菌が含まれていないのです。

 

やがて成長するにつれて、口にする食べ物が増え、様々な食材や食器、人の手から細菌類が口の中から腸へ届けられます。ただしこの細菌類には、腸にとってはあまり良くない細菌と、消化吸収を助ける細菌が同時に腸に入ってくることになります。

 

ところが、ここでよく誤解されるのが”悪玉菌”とよく呼ばれる細菌で、これらは腸にまったくいない状態では、実はあまり腸内環境では良くないのです。なぜなら腸の中には、細菌達が一種の生態系を形成しているからです。

 

悪玉菌の代表、『大腸菌』ですが、この細菌も立派に消化吸収を助ける役割を果たします。ただし、この細菌が増えすぎると、少量の毒素を出す性質があるため、下痢などを引き起こす病原性大腸菌が増えてしまうのです。しかし、それ以外の大腸菌は無害なんですね。

 

この病原性大腸菌は、腸の未消化の食べ物を腐敗させ、特有のガスを発生させる場合があります。これが慢性的に下腹が張るといった症状を引き起こしている場合もあります。実際、体重が減ってるのに下腹がぽっこりして気になっていたら、当時はお通じも悪かったと思い出します。

 

 

つまり、善玉菌とよばれるビフィズス菌だけではなく、大腸菌など、その他の細菌もバランス良く腸内に住んでくれることで、消化吸収を助け、ガスや宿便を防ぐことが出来るのです。これにより、お腹が張るのも解消出来ます。

 

腸内細菌を適切に育成して、下腹のぽっこりを解消!

ここからは、私自身が実践してきた腸内細菌育成方法のご紹介です。私は小学生の頃から胃腸が弱くて、便秘と下痢がしょっちゅうでした。学校生活も病気で早退や休みがちだったので、大人になってからは食事も自己管理の一つとして、自分で料理なども率先してするようになりました。おかげさまで、今では胃腸の調子も非常に良く、便秘も滅多にしなくなりました。工夫はとてもカンタンで、誰でも実践できるものばかりです。

 

( 1 )乳酸菌のエサを沢山食べよう!
納豆やぬか漬け、チーズや味噌、醤油には乳酸菌が含まれていますが、乳酸菌はただ摂るだけでは、腸から排泄物と一緒に出ていってしまいます。乳酸菌を増やすには、乳酸菌の”食べ物”が必要で、それが『オリゴ糖』です。無調整豆乳や、玉ねぎ、にんにくなどに含まれているので、ダイエットなら、玉ねぎと豆乳は積極的に摂ると良いですよ。にんにくは火を通せば、ニオイも少ないので沢山食べても大丈夫です。乳酸菌が含まれた食べ物を、定期的に少しずつ摂るというのが、下腹のぽっこり、お腹の張るような状態には有効です。

 

( 2 ) 食物繊維を多く食べよう!
こんにゃくや、キャベツ、白菜など、料理によく使う食材には食物繊維が含まれていますが、重要なのは決して食物繊維単体では食べないことです。特に消化吸収があまりに早くなってしまうので、青菜類はあまり長く火を通すことはオススメできません。白菜やキャベツなどは、ドロドロになるまで煮詰めてはあまり意味がないでしょう。

 

 

食物繊維とは、腸内では糸状の状態になるわけではありません。ゼリー状になって、緩やかに腸にとどまります。あまりに水っぽい食べ物では、腸ではスルスルと出ていってしまうので、出来れば食材は生に近い方が良いですね。青菜は煮るとたくさん食べられますが、火を通して溶かしてしまうと、結局、消化の一部を省略することになるので、『量』よりも、しっかり消化に時間がかかるように、軽く火を通して食べる方がダイエットには良いです。

 

(3)食物繊維は生に近い方が良い
ちなみに我が家の両親は、野菜の煮物ばかりよく食べるのですが(しかもドロドロになるまで煮る)、中華料理の油通し野菜でパリパリ、シャキシャキで食べている私に比べて、ちっとも痩せておりませし、便秘気味です。しかも2人共、下腹はぽっこり、椅子も私の倍のスペースが無いと座れませんし、お腹が張るのか、いつも汚いゲップをしています。いつも消化不良で便秘気味でトイレも長く、お腹が張るのか胃腸薬も常飲していました。さらに両親2人共食べる量も私の倍です。運動もほぼ無いですね。

 

ドロドロになるまで煮詰めた野菜は、結果的に食物繊維を正しく摂っているとは言い難いのでしょう。消化に良いのは、液状になった食べ物ではないのです。オリゴ糖を吸収しやすくするための役割が、こうした食物繊維にはあるので、案外、炒めものなどの中華料理は、理にかなった調理法といえるかもしれません。

 

新鮮な食物繊維で腸内を整えましょう

食物繊維は果物でも良いのですが、酸味の少ない糖分の多いものは、あまりダイエットに向いていません。また食事をキチンと食べているなら、わざわざバナナも食べる必要も無いでしょう。食物繊維として優秀な果物はグレープフルーツです。また青菜は全般的に食物繊維が多い食材と、オリゴ糖の多い食材を一緒に食べると、腸内細菌にとって嬉しいご褒美になりますが、とにかく煮過ぎないことですね。

 

キャベツも強火による高温で一気に火を通せば、油も吸わないので、実はダイエットには良いんですよ。食感もシャキシャキして美味しいですし、季節を問わずスーパーで買えますしね。またダイエットに良いからと糖度の高い果物を食べる事は、塩分の多い煮物や砂糖やみりんを使った料理や、揚げ物などを食べていれば、むしろ太る体質になると考えた方が賢明です。

 

まとめ

今回は下腹ぽっこりの中でも、特に張る要因として腸内環境の調子について、腸内細菌を中心に詳しく説明しました。また、巷で言われているような『~を多く食べる』のではなく、食べるなら乳酸菌の”食べ物”も一緒に摂る大切さを出来るだけ詳しくお伝えしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加